2012年04月27日

講演会のお知らせ「自閉症児の家庭療育」 5月11日(金)午後

海野健先生(HACの会、青山こどもの発達とこころのクリニック)による講演会のご案内です。ぜったい オススメ!
HACは「Home Training for  Autistic   Children」(自閉症児の家庭療育)の略です。HACの会HP

海野先生の発想は、「無理にコミュニケーションを取る努力をするより、(家事などを通じた横並びの関係の中で)、共に生きるすべを身につけることが、将来身を助ける」ということ。
肩肘張ってやらなくてもいいし、楽しくて、実益にもなります。

海野先生の講演会が定期的に開催されます。定員が少ないのですが、ご案内します。
定員が30名と少ないのですが、みなさん、どうぞ。

PDFファイルはこちら  ⇒ママがする・・・講演会案内.pdf自閉症児の家庭療育.JPG

       HACの会ホームページ  をご紹介
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

自閉症家庭療育とは

自閉症家庭療育(HACプログラム)は自閉症や自閉傾向のある幼児に対して、家庭でママがするトレーニング・プログラムです。全部で15個。その考え方や課題の目的、実施などについて書いてあります。療育センターやことばの教室などに通所でも、様子をみましょう、と言われている場合も実施できます。プログラムは現在進行中です。療育をこんな考え方でやっている人たちもいるんだ、とご覧になってください。

対象となる子どもは、1才半から5才くらいのお子さんで多くはことばのない子どもです。ことばをかけても知らん顔、名前を呼んでも振り向かず視線が合いにくい、声をかけてもどんどん走っていってしまう。「ほら、見て」と言っても見てくれない、座ってくれない、絵本を読もうにもおもちゃで遊ぼうにも乗ってこない子です。

posted by 中川信子 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修会 講演 セミナー