2008年08月15日

略歴     2021年8月修正    詳細pdfを追加しました

 中 川  信 子(なかがわ のぶこ) 

 
職種 : 言語聴覚士(ST: Speech-Language-Hearing  Therapist)

肩書 : 「子どもの発達支援を考えるSTの会」代表
      「サポート狛江」代表
       
略歴   東京大学教育学部教育心理学科卒(昭和46年)
     国立聴力言語障害センター付属聴能言語専門職員養成所卒業
                                             (昭和48年卒 2期生)

職歴    旭出学園教育研究所、神奈川県総合リハビリテ―ションセンター、 
   東京逓信病院リハビリテーション室、
         調布市あゆみ学園(現・調布市子ども発達センター)、調布市総合福祉センター  
         調布市 健康推進課「こどもの相談室(ことば)」 
   狛江市 子ども発達教室"ぱる"、狛江市健康推進課「ことばの相談」などを経て
   現在(2021年)は、狛江市特別支援巡回専門家チームスーパーバイザー。

過去の仕事の内容

    1歳半/3歳児健診後のことばの相談や、就学前の時期のことばが遅い、
    発音がはっきりしない、発達が遅い、など
さまざまな心配ごとの相談や指導。
    講演・執筆活動

    狛江(こまえ)市においては、保健・福祉・教育の各分野の協力のもと、
    子どもが健やかに育つしくみづくりのため各種委員会委員として協力。

 

単著   「ことばをはぐくむ」             ぶどう社            1986
     「心をことばにのせて」          ぶどう社         1990
       「幼児のことば」             新日本医師協会    1992
     「健診とことばの相談」           ぶどう社          1998
         「1・2・3歳 ことばのおそい子」    ぶどう社           1999  
    「子どものこころとことばの育ち」      大月書店        2003
    「発達障害とことばの相談」        小学館        2009
    「保育園・幼稚園のちょっと気になる子」  ぶどう社       2020 

 

監修     「きほんの遊び 142」          小学館          2004
      「場面別に楽しむ 語りかけ」                小学館         2004
    「ことばの遅れのすべてがわかる本」    講談社      2006  
    「ママが知らなかったおっぱいと離乳食の新常識」小学館    2010

           「ことばが伸びるじょうずな子育て」※    家族計画協会   2004   (小冊子)
           「発音がはっきりしないとき」※       家族計画協会   2005
                                           ※一般書店で注文可

            「コミック版 語りかけ育児」       小学館    2020

 

共同監修  「はじめて出会う 育児の百科」 小学館            2003
  
共著      「ITPAの理論とその活用」      日本文化科学社      1974
      「ことばに探る  心の不思議」     ひとなる書房       1997

編著     「ことばの不自由なこどもたち」              大月書店      1998
          (子どものためのバリアフリーブックシリーズ)
    「地域生活を支える言語聴覚士の取り組み」   学苑社           2004
           「発達障害の子を育てる親の気持ちと向き合う」 金子書房     2017
  
翻訳協力    「語りかけ育児」 サリー・ウォード      小学館    2001


共訳    「学習障害児の早期発見と指導」       日本文化科学社  1973


★さらに詳細な履歴 及び、分担執筆等は以下をご覧ください。
◆2021年07月 中川信子  経歴・業績等(詳細).pdf

            

posted by 中川信子 at 18:38| 中川信子プロフィール