2021年01月23日

「遊びのいろいろ」  子どもとのからだ遊びの例

「子どもと身体を使って遊んで下さい」とお話ししても、どんなふうに遊べばいいのかわかりません、っておっしゃる親ごさんがとっても多いです。

「なーんだ、こんなことでいいの?」っていうような、道具のいらない親子遊びの例を載せますね。

出典は「健診とことばの相談」(中川信子 ぶどう社)です。

●遊びのいろいろ.pdf

posted by 中川信子 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め図書室
2020年01月31日

「ことばと発達の行動観察記録表(試案)」 (「健診とことばの相談」ぶどう社より転載)

1歳6か月以降3歳にかけて、子どもの発達が「ちょっと気になる」ということは多いものです。
子どもは一人ずつ、実に個性的ですからね!

でも、どこがどう「気になる」のかを、自分でも把握できるといいのかなと思います。
1998年に出した「健診とことばの相談」(ぶどう社)に、私なりの視点を洗い出したものを「ことばと発達の行動観察記録表(試案)」にまとめました。

子どもと遊んだり生活したりする中で、観察して記録する簡便なものです。
特徴は、
◆子どもの行動の【心配な面】だけでなく、【できている面】もとらえるようにしたこと、
ことばの発達が関係する全体発達・周りの人とのかかわり方も含めてとらえようとしたこと
◆チェック項目ごとに、見方の解説がつけてある。
         などです。

内容的には
11の大まかな「分野」に分けてあります。

@    行動的特徴
A    外界への興味や関心
B    感情・要求の表現、コミュニケーション行動
C    遊び方
D    指さし
E    音や話しかけへの反応
F    ことばの理解
G    ことばや動作の表現
H    発声
I    発声発語器官と発音
J    お母さんのようす、子どもとのかかわ

子どもの問題点やできないことを見つけるためのものではありません。
子どもの現在の姿をとらえ、今後の対応の工夫につなげて下さい。

ずいぶん前に作ったものなので、修正の余地が多々ありますが、参考にしていただければ幸いです。

なお、偶数ページ奇数ページは見開きで対応しています。
プリントアウトしてから左右を突き合わせてご覧になって下さい。

 ■00◆健診とことばの相談「ことばと発達の行動観察記録表(試案)」 P45-P72+a-圧縮済み.pdf

       転載を快く了承して下さった「ぶどう社」に感謝します。 


posted by 中川信子 at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め図書室
2019年07月27日

公益社団法人日本小児科医会 第21回「子どもの心」研修会 講演資料(2019年7月14日 於 大阪)

2019年7月14日・15日の二日間にわたって、公益社団法人日本小児科医会  第21回「子どもの心」研修会(後期) が大阪で開催されました。
   第21回 子どもの心研修会(後期)プログラム掲載のチラシ

これは、日本小児科医会「子どもの心相談医」制度の 認定資格取得要件となる研修会です。

沢山の先生方が、多方面にわたるお話をして下さるので、当日資料テキストをいただいただけでも「ラッキー!」という感じでした。

私の受け持ち部分「子どもの心とことばの育ち」の研修講義資料を、掲載させていただきます。
掲載を快く了承して下さった、日本小児科医会の先生方に、深く感謝いたします。


2019年07月14日 日本小児科医会 心の相談医 研修資料「子どもの心とことばの育ち」中川信子.pdf



posted by 中川信子 at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め図書室
2019年05月10日

スタタリングナウ 伊藤伸二先生の文章2題

吃音がメディアに取り上げられることがふえて来ました。本も次々出版されます。これまで一人で苦しんで来た吃音の人たちやその家族が、適切な情報を得て、自分なりの人生を歩んでくれるようになるといいな、と願っています。

さて、「日本臨床吃音研究会」 代表の伊藤伸二先生の文章を二つほど紹介させていただきます。
吃音に関しては、いろいろな団体が新しく立ち上げられたリもしています。
吃音研究は、ずいぶん進んで来ましたし、適切な向き合い方についての大枠は定まって来たように見えますが、まだいろいろな考え方が併存しています。

上記「吃音臨床研究会」は、中でも、吃音との向き合い方を深く追求し続けている団体です。
代表の伊藤伸二先生は、おりおりに、示唆に富む発信をして下さっています。

そのうちの二つをご紹介します。

日本吃音臨床研究会編集「スタタリングナウ」より

1  健康生成論と当事者研究
    2019年4月20日号(No296)
2  野垂れ死にの思想
    2018年3月20日号(No 283)
   ↓ 

スタタリングナウ 伊藤伸二氏の文章2題.pdf

   

 



posted by 中川信子 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め図書室
2008年08月15日

お勧め書籍その1

基本的・入門書・STの仕事

絵でわかる言語障害 言葉のメカニズムから対応まで」 毛束真知子       学研       

言語の仕組みとその障害について、コンパクトな知識が得られます。

ことばと子どもの発達について・子育てについて 

「子どものこころとことばの育ち」  中川信子  大月書店      

「はじめて出会う 育児の百科」 汐見稔幸・榊原洋一・中川信子 小学館  

「1,2,3歳 ことばの遅い子」  中川信子   ぶどう社 

「子どもがどもっていると感じたら 吃音の正しい理解と家族援助のために」 
                       
廣島忍    大月書店

「場面別に楽しむ『語りかけ』」  中川信子監修  小学館

「語りかけ育児」       サリー・ウォード    小学館 
1日30分間、静かな環境で赤ちゃんの興味にあわせて遊んだり、語りかけましょうと提案。

◎「ことばが伸びるじょうずな子育て」 中川信子監修
            家族計画協会   販売:エスコアール()

「発音がはっきりしないとき」  中川信子監修  
            家族計画協会  販売:エスコアール(※)

子どもとのじょうずなかかわりと遊び方

◆「ココロとカラダほぐしあそび 発達の気になる子といっしょに」 
             二宮信一ほか  学研 

ラポムブックス「きほんの遊び 142」 中川信子監修   小学館

「脳を育てるじゃれつき遊び」     正木健雄監修   小学館

感覚統合の考え方について    

「“育てにくい子”にはわけがあるーー感覚統合が教えてくれたこと」
                木村順     
大月書店

○「感覚統合Q&A」      佐藤剛 ほか 協同医書
     ことば
の発達はまず、“からだ”から。そのことを、わかりやすく教えてくれる本です。

「五感力を育てる」      斎藤孝+山下柚実  中公新書ラクレ

posted by 中川信子 at 15:25| お勧め図書室