2021年09月26日

東京都教育委員会 令和3年3月発表の「特別支援学級・通級による指導 教育課程編成の手引」

教育分野のお話です。

東京都教育委員会が今年(令和3年 2021年)3月に

特別支援学級・通級による指導 教育課程編成の手引」を発表しました。
https://www.kyoiku.metro.tokyo.lg.jp/school/document/special_needs_education/teaching_program.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー   

 ・表紙
 ・はじめに 目次
 ・第1部 特別支援学級(固定学級)の教育課程
 ・第2部 通級による指導の教育課程
 ・資料編 資料1 資料2
 ・奥付
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

第2部の「通級による指導の教育課程」に関してP85にこう書かれています。

「なお、通級による指導の開始・終了については、東京都が発行するガイドライン等を  
 参考にすること」
    ▼ ▼
  特別支援教室の運営ガイドライン  https://www.kyoiku.metro.tokyo.lg.jp/school/primary_and_junior_high/special_class/guideline.html
   2021年
(令和3年)3月25日公開

 このガイドラインに参考資料として「特別支援教室の入退室等検討委員会報告書」
 つけられています。  https://www.kyoiku.metro.tokyo.lg.jp/school/primary_and_junior_high/special_class/files/guideline/sanko.pdf

これまで特別支援教室(通級指導教室)の開始と終了には、区市町村ごとに

いろいろな形があったのを整理しようとしたものです。

東京都で、通級指導教室が基本的に(拠点校方式による巡回)全校設置になって以来、

通級を利用する児童・生徒数が増加の一途をたどっているので、整理せざるを得ない

ことは分かりますが、通級指導の「成果」は半年とか1年とかで、そんなにクリアに

出るはずもないので、この後、修正が加えられて行くものと思われますが、

とりあえずの方向を知っておく必要がありそうです。


posted by 中川信子 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然のぶこん
この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/16421836
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)