2021年08月24日

「発達障害のある子のメンタルヘルスケアーーこれからの包括的支援に必要なこと」

日本LD学会理事長の柘植雅義先生が監修者となって、次々刊行されているシリーズ

「ハンディシリーズ 発達障害支援・特別支援教育ナビ」の一冊。


『発達障害のある子のメンタルヘルスケア
    ーーこれからの包括的支援に必要なこと』

   神尾陽子 編著   金子書房 2021年8月


「はじめに」から一部を紹介します。

――メンタルヘルス(心の健康)は精神疾患にかかっていない状態、といっった
  狭い意味での健康を指してはいない。WHOの定義はこうである。

  「メンタルヘルスとは、人が自身の能力を発揮し、
  日常生活におけるストレスに対処でき、生産的に働くことができ、
  かつ地域に貢献できるような満たされた状態(a state of well-being)である」

    中略

  したがって、メンタルヘルスは、一人一人にとって重要であるだけでなく
  すべての人を構成員として包摂する社会の側から見ても、生きがいのある社会
  であるために必要不可欠なのである。


何かとうまく行かなさをかかえながら成長し、メンタルの不調をかかえる当事者の
ことを、もっとよく知るために。

 


 

posted by 中川信子 at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め書籍案内
この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/16412436
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)