2021年07月05日

動画「聞こえないって可哀想なこと?」(明晴学園)

明晴学園の「バイリンガル・バイカルチュラルろう教育シンポジウム2021」

今週末(2021年7月10日 午前10時から)に迫りました。

このところ、ろう・難聴の人たちと私(いわゆる「多数派」)との関係を、あれこれ

考えたり勉強したりしています。

 

明晴学園のホームページからアクセスできる分かりやすい動画が多くあります。

「もっと知ってほしい 手話のこと」

 

その中のひとつに「聞こえないって可哀想なこと?」というのがあります。

聞こえないって、不便だろう、不自由だろう、可哀想に、って、一般の人たちは思い

ますよね。でも、実は、そうではない。環境が整えられてさえいれば。

そう思える楽しい動画でした。

 

多くの場合「障害(障壁)は社会の側にある」

その通り。

ただ、あくまでも多数派が中心を占めている社会で、障害や障壁を越え、破って行くのは

なかなかと大変・・・・。

さあ、何から始められるのか。

posted by 中川信子 at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然のぶこん
この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/16397426
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)