2021年05月09日

『人とのかかわりで育つ 言語・コミュニケーションへのアプローチ  家庭・園・学校との連携』(大伴潔ほか)

新刊のご案内

『人とのかかわりで育つ 言語・コミュニケーションへのアプローチ  
                 家庭・園・学校との連携』

       編著 大伴潔  綿野香 森岡典子     
       学苑社  2021年5月

https://www.gakuensha.co.jp/book/b581857.html

本についている帯文から

  「ことばを育てる玩具や絵本の使い方、肢体不自由のある子どもの

   表現の広げ方など具体的なアイデアが満載。

   子どもの興味を広げ、発見や喜びを思わず伝えたくなるような

   環境の作り方から、支援者同士が専門性を生かし合い、子どもの

   経験を豊かにするためのかかわり方を解説。  

   幼児・児童にかかわる言語聴覚士(ST)必携の書。」


ターゲットは言語聴覚士となっていますが、子どものコミュニケーションをどうとらえ

どう応援していけばいいか、子どもに関係する大人の方たちにも参考になると思います。

posted by 中川信子 at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め書籍案内
この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/16381591
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)