2021年04月02日

映画 「僕が跳びはねる理由」 公開開始

毎年4月2日―8日は世界自閉症啓発週間

今日、4月2日は、日本の各地でもブルーライトアップなど、さまざまな催しが開催予定です。

「日本自閉症協会」の取り組みもHPで案内されています。

 

それに合わせて、本日、4月2日(2021年)から、日本の各地で映画僕が跳びはねる理由」の公開が始まりました。

東田直樹さんが13歳の時に書いた「自閉症の僕が跳びはねる理由」(出版社:エスコアール、角川文庫)をもとにした映画。

第36回サンダンス映画祭 
  ワールドシネマドキュメンタリーコンペティション部門観客賞、

第39回バンクーバー国際映画祭
  長編インターナショナルドキュメンタリー映画部門観客賞・インパクト大賞

などを受賞。


日本公開が決まり、上映館も全国に広がっています。

上映予定の劇場情報はこちら

 

「自閉症の僕が跳びはねる理由」を英語に翻訳し、全世界でベストセラーになるきっかけを作った英国の作家デイヴィッド・ミッチェルさんのインタビュー記事はこちら (ハフポスト記事)


自ら閉じこもってなんかいない。

そんな、自閉症の子どもや、おとなたちの心の中を、私たちはもっと知りましょう。

posted by 中川信子 at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然のぶこん
この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/16371376
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)