2020年07月20日

認定NPO法人ほうぼく 抱樸   居住支援法人

7月18日(土)ダラダラとテレビのチャンネルを回していたら、NHK Eテレで「こころの時代」をやっていました。

 

北九州市にある日本バプティスト連盟東八幡キリスト教会の牧師で、認定NPO法人抱樸(ほうぼく) の理事長 奥田知志さんが話されていました。
Twitter https://twitter.com/tomoshiokuda

長期にわたるホームレス支援の実践をふまえての「ことば」の深さに引き込まれました。

 

番組の中で奥田さんは「出会った者の責任」とおっしゃっていました。
「出会ったものの責任」・・・・・。
私は果たしてそこまで言い切れるかな、と思いながら、自分の中の宿題の棚に載せました。


「抱樸」の動画の中で、奥田さんが「寄付も社会参加です」とおっしゃっています。

炊き出しや学習支援などに具体的に参加できない、しないことがどこか後ろめたく、寄付する行為も「慈善」的な匂いがしてはばかられるなぁ、と感じてしまうのですが、そうか、寄付という参加があったんだ、と思いました。

ほうぼく(抱樸)への寄付    はここから


元・厚生労働省事務次官の村木厚子さんとのオンライン対談「出会いをしくみに変えるには」もyoutubeで配信され、「住まい」についての支援として 居住支援法人という制度ができたというお話もありました。


コロナがもたらした根源的な問いは何か、ということについての言及も学ぶところの多い対談でした。村木さんも、奥田さんも、実に分かりやすいお話だったのは、「現場」を知っている人ならではだなぁ、思いました。

 

posted by 中川信子 at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然のぶこん
この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/16292571
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)