2020年02月26日

2020年2月25日   新しい時代の特別支援教育の在り方に関する有識者会議(第6回)会議資料:文部科学省

文部科学省の会議資料が文部科学省HPにアップされました。

「新しい時代の特別支援教育の在り方に関する有識者会議(第6回)」
            2020年2月25日開催

たくさんの資料・参考資料がありますが、今回中心的に議論されたのは
〇資料 : インクルーシブ教育システムにおける障害のある子供の学びの場の在り方 
〇資料 : 特別支援教育を担う教員の専門性の在り方に関する論点
のようです。

参考資料を含めて、文部科学省がどう動こうとしているのかがよくわかる資料なので、ご紹介しました。
インクルーシブ教育・・・・
いうは易く、行うは難し。
しかし、「難しい・・」とだけ言っていないで、どこから、なにから始めたらいいのかを、一人でも多くの人が「知る」「考える」だけでも、意味があると思います。



 

posted by 中川信子 at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然のぶこん
この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/16238656
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)