2019年10月15日

千曲川の水上を恋ふる歌(合唱曲)

2019年10月 台風19号の大雨で、各地の川で堤防決壊、越水、氾濫が起きています。

自然の猛威とは言いますが、ことばを失うような風景が広がります。

中でも、千曲川流域は被害が大きくて、本当に心配です。

千曲川と聞いて、すぐに思い出されるのは薮田義雄作詩・小山章三作曲の「千曲川の水上を戀ふる歌」。美しい自然と、人の営みが、無伴奏の和音の響きと転調で表現されていて、大好きな歌です。

 

Youtube にいろいろな合唱団が歌っている画像があります。

たとえば、https://www.youtube.com/watch?v=CcAVawDGYSg

千曲川に、この歌に描かれているような澄んだ水、緑あふれる景色が早く戻りますように。

posted by 中川信子 at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然のぶこん
この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/16182201
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)