2019年05月12日

熊谷晋一郎氏講演記録「保育、教育、療育の現場で大切にしたいもの」2018年9月1日

熊谷晋一郎さんは、東京大学先端科学技術研究所 准教授(当事者研究分野)です。
車イスユーザーの当事者でもあります。
先端研HP上での紹介はこちら⇒
熊谷晋一郎 研究者一覧


柔軟で明晰な思索、また、お会いしただけで感じられる深い人柄も魅力的な方です。
講演にひっぱりだこの熊谷先生ですが、2018年9月1日に「こども家族早期発達支援学会 第5回学術講演会」のシンポジウムにご登壇くださいました。
上記学会発行の「早期発達支援研究」第2巻にその際の講演記録が掲載されました。
許可を得て、掲載します。

「支援」にたずさわる方、「支援するー支援される」関係に釈然としない思いを抱いている方にとって、考えを整理する際の参考になるかと思います。


「保育、教育、療育の現場で大切にしたいこと」熊谷晋一郎 
        ↓↓
  2018年9月熊谷普一郎先生講演録 (こども家族早期発達支援学会).pdf 


「こども家族早期発達支援学会」は、明星大学の星山麻木先生を中心として運営されています。毎年1回の学術講演会のほか、各地でセミナーを開催し、いろいろな色の子どもたちを応援する人材を育てようとしています。
   ↓

 こども家族早期発達支援学会 をご覧ください。今年の学術講演会は8月10日(土)予定。

こちらは学会誌「早期発達支援研究」2巻の表紙です。
早期発達支援研究  第2巻.jpg  



posted by 中川信子 at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報倉庫
この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/16122041
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)