2018年03月23日

狛江市と(熊本県)宇土市が災害時の協定を締結したそうです(^_-)-☆

ご無沙汰しました。久々に書き込みを再開します。
昨年9月の入院騒ぎ以来、「不要不急のことは引き受けない、やらない」をモットーに、すでに引き受けてしまった以外のことは、なるべく手を広げないようにしていました。
そうはいっても、いろいろな委員会の委員とか、事業報告とか、締め切りのある原稿とか、そうそうヒマにはならず、ホームページ書き込みの意欲があまり湧きませんでした。
ここにきて、やっと、やるべきことに追いついた感じになりまして、少しずつ更新して行きたいと思います。

まず最初のお知らせは、

狛江市と宇土市(熊本県)が災害時相互応援協定」を結んだ、と3月15日づけの「広報こまえ」に載っていたので、一人、大喜びしました。
昨年10月に、宇土市で「こどもの発達支援を考えるSTの会」が協力して「宇土市復興支援講演会」を開催したご縁があるうえ、2歳から2年間は熊本県荒尾市で、それから9歳までは福岡県大牟田市で過ごしましたので、九州、特に、熊本や福岡には親近感を持っているからかもしれません。
今でも、相手の方がしゃべってくれれば、九州弁、というか、それらしいことばで対応することができます(*^^)v
「でけん!」とか「そぎゃなこつ 言うたばってん」とか「ほんなこつ、せからしかー」とか。

宇土市のいろいろな風景(光景)を見、やお会いした人たちのことを思い出し、懐かしい気持ちになりました。
表通りは、ずいぶん片付いていましたが、裏通りを走ると、あちらにも、こちらにも、まだまだ震災の跡が残されていました。
あれから半年。
復興がさらに進んでいるといいのですが。




posted by 中川信子 at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然のぶこん
この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15912736
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)