2017年04月23日

講演会「見る力の弱さが学習に与える影響−気づきと支援法−」 2017年5月27日(土) 東京

上智大学言語聴覚研究センターからの情報提供を転載します。

========ここから============
上智大学言語聴覚研究センターでは、5月27日(土)に日本LD学会理事の奥村智人先生(大阪医科大学LDセンター、オプトメトリスト)を講師にお迎えして、見る力についての講演会をいたします。

 

講演会名:「見る力の弱さが学習に与える影響−気づきと支援法−」

日時:             2017年5月27日(土)10:00〜12:00

会場:             上智大学2号館4階401室
       土曜日は、正門(土手沿いにあります)からお入りください。

奥村先生から、ご講演内容について、以下のようにお知らせいただいています。
   ↓ ↓
「見る力の弱さによって、手元の指先を使った作業、体全体を使った運動、読み書きなどの学習に影響が出てきます。見る力の問題にできるだけ早く気づき、適切な支援をおこなうことが大切です。本講演では、見る力の弱さと支援法について具体的に解説します。またビジョントレーニングの本来の目的や対象についても説明し、適切な活用方法についても皆様と一緒に考えてみたいと思います。」

          
参加費:無料 (ただし、資料代を頂戴いたします)

定員 :100名   事前申し込みをお願いいたします。

申込み:メールで。
    件名を「5月27日講演会申し込み」として、
    言語聴覚研究センター事務担当宮沢(i-linslh@sophia.ac.jp)まで、お申込みください。

 

 問い合わせ先:  上智大学言語聴覚研究センター(tel&fax 03-3238-3557、メール i-linslh@sophia.ac.jp

posted by 中川信子 at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修会 講演 セミナー
この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15658031
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)