2017年03月31日

桜の季節   どろんこになって遊べるプレーパーク

4月2日(日)に「こまえ桜まつり」が予定されています。
当初の予報では、4月2日は晴れ、暖かくて桜は満開・・のはずが、このところ寒い日が続き、なかなか満開になりません。
「なかなか満開にならない」のか「桜が長持ちする」「長い間 桜を楽しめる」のか。
ものは言いよう、考えよう。
長持ちしてくれれば、来週5日6日あたりの小中学校の入学式を満開の桜のもとで迎えられそうです。
その場合は「こまえ桜まつり」にとってはちょっぴり不運ですけど。

ものは言いようといえば、うちのかわいい孫クンは、1歳10か月を過ぎましたが、みごとに一言もしゃべらない「ことばの遅い子」です あっはっはぁ。 (*^^)v
このまま行くと、2歳でも有意味語ゼロの可能性大です。

でも、視線や表情を含めて、全身で表現してくれるので、何を言いたいのか分かりやすいボクではあります。
ときどき息子一家のうちに行くのですが、ドアを開けると、ぴょんぴょん跳んで歓迎してくれます。
「おばあちゃ〜ん」って言ってくれるようになったらなったで、また、可愛さ倍増なのかもしれませんが、お話ししない今の時期も、また、こたえられないほどかわいいです。

2歳で有意味語ゼロ、もっと遅いと3歳すぎてやっと話し始めるようなお子さんたちにも年中会っているのですが、「ことばが遅い」って、こういうことなのね、とか、周囲の人が子どもの気持ちをじょうずに読み取ることの大切さも、あらためていろいろ勉強になります。

読み取りじょうずなお父さん、お母さんに恵まれて、孫クンも幸せものです。不肖、私も、読み取りじょうずなおばあちゃん(のつもり)ですけどね (*^^)v

来週は恒例2泊3日の「ショートステイ」で母子で泊まりに来てくれるので近くの「狛江プレーパーク」で遊ぼうと、じっじ、ばっばは楽しみにしています。楽しみにしている、というか覚悟している、というか。

手はつないでくれないし、目指したものには一直線だし、もちろん「代わりばんこ」「返してあげて」なんか通じるはずもないし、ちょこちょこ動き回る1歳児さんには お手上げです。
文字通り、「手をあげて」(降参状態で)危険がないように見守るだけです。

自分の子どもたちが保育園で、のびのび育ててもらうのを見て来たので、ドロドロになろうが、ぐちゃぐちゃになろうが あらゆる探索行動をするのを「あ〜あ」と、見守っていられますが、きれいでお行儀よく育った子しか知らないじっじ、ばっばだったら、耐え難いことでしょう。

それにしても、長い間地道な運動を積み重ねて、近くの公園の中に常設プレーパークを設置してくれた市民団体と、プレイリーダーに感謝感謝です。

狛江プレーパーク 関連サイト
 こまえ子育てネット 
 狛江プレーパーク  Facebook

posted by 中川信子 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然のぶこん
この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15637296
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)