2017年02月09日

[ 「発達障害の子を育てる親の気持ちと向き合う」(金子書房)

1月28日発売
「発達障害の子を育てる親の気持ちと向き合う」
    中川信子  編   金子書房

新刊予告http://www.soratomo.jp/article/15574616.html  で出した内容の補足です。(狛江自慢)

 

 発達のしかたがみんなと少し違う子を育てる保護者の苦労は、周囲の人たちになかなか理解してもらえず、そのことが保護者を二重に苦しませます。
 今回の本では、子どもの成長段階を追い、それぞれの時期の保護者の気持ちを知り、支援者側にいる人たちがどう寄り添えばいいのかヒントになるようなこと書いて下さいと執筆者に依頼しました。
 
 狛江ゆかりの方も執筆者です。
長年就学相談にかかわって下さっている精神科医の山登敬之先生、
フリースクールコピエ主宰の前田かおりさん
(前)府中けやきの森学園コーディネーターの田上美恵子さん、
そして、最終章に転載した「先生ありがとうbook」を編集した通級の保護者の方たちです。

「先生ありがとうbook」には狛江の通級教室の保護者による先生方への感謝のことばが集められ、通常の教育の中でのささやかな支援によって、親子がどんなに助けられるかが書かれています。わざわざ「特別な支援」と言わなくても、「個別の当たり前の配慮」が日本中に行き渡る日が来ることが私の願いですが、狛江では、その方向に向けて確かな歩みを重ねていると思います。

狛江の先生方や行政や地域の方たち、そして、保護者の努力に感謝し、狛江を誇りに思うと共に、この本が多くの方に読んでいただけるよう願っています。

posted by 中川信子 at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め書籍案内
この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15595326
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)