2016年04月06日

長持ち桜  「こまえ 桜まつり」盛況のうちに終了 

今年の桜はとても長持ちしていますね。
開花が始まってから寒い日が続いたおかげ(?)でしょうか。
でも、さすがに少しずつ散り始めています。

桜並木に面したマンションでは管理人さんが、朝も昼も夜も、ほうきを持って花びら掃除をしていますが、掃除するハシからはらはらはらと花びらが舞い落ちて、際限がなくて大変。

このブログの更新はなんと、2月29日以来です(-_-;)
新着情報だけアップしました。記事を書いている時間がなくて・・・・。

とても忙しかったのも事実ですが、例年、この時期は花粉症にやられて、クスリのせいもあるのでしょうが、何もする気が出ず、あらかじめ約束した仕事以外はうちでぐんにゃ〜り、だら〜りです。
しかも、なかなか、ぐんにゃ〜りする時間がないのが悲劇・・・・。

4月3日には今年二回目の「こまえ 桜まつり」がありました。この【桜まつり]、昨年より一段と充実していたようです。
担当者のがんばりと、市民の協力のたまものですね、きっと。
今年のようすの紹介はこちら。(狛江市役所のサイト)
【こまえ 桜まつり】のいきさつは こちらに↓
    http://chofu.keizai.biz/headline/2030/   

 

“うちの”孫クンも、お父さん、お母さんと孫クンと一緒に【桜まつり】に来てくれました。
彼にとっては、生まれて初めての桜シーズンっていうわけです。
もっとも、離乳食たけなわの彼が食べられるような内容の出店もないので、まつりに行く代わりにうちでじっじ、ばっばと遊んでいたのですが。

“うちの”孫クンも10か月半ばを過ぎ、もうすぐ11か月になります。
まあ、かわいいこと、かわいいこと。
世のじっじ ばっばが孫の話になると目じりを下げて「うちの孫が一番可愛い」っていう顔になる理由がよ〜〜く分かりました。孫はかわいいんですもん、ものすごく。なぜだか不思議です。

そろそろ伝い歩きを練習し始めていますが、移動の大半はハイハイです。まさに「発達の教科書」。
両親はじめ、祖父母、おじさん、かわいがるかたわら、観察しています。
日頃掃除の行き届かない我が家も、孫クンが来てくれるときは、床に何一つ落ちていないように片付け、家じゅうを雑巾がけするので、見違えるほどきれいになります (^_-)-☆
いろいろな意味で、ありがたい、ありがたい。


posted by 中川信子 at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然のぶこん
この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15295661
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)