2016年02月29日

目黒区美術館 【気仙沼と東日本大震災の記憶】展  3月21日まで開催中

私が代表をつとめる「子どもの発達支援を考えるSTの会」は、東日本大震災のあと、療育機関を中心に支援を行ってきました。
昨年11月28・29日には、気仙沼を会場として、「被災地支援から見えてくる療育の未来」と題する研修会を行いました。

研修会終了後、オプショナルツアーで「リアス・アーク美術館」を見学しました。この美術館の常設展示は【東日本大震災の記録と津波の災害史】と題して、おびただしい「物」が展示されています。
短い時間ではありましたが、「物」が語る甚大な被害に圧倒されました。

気仙沼市と友好都市協定を結んでいるという目黒区美術館で、【【気仙沼と東日本大震災の記憶】】展が開かれています。
東京地区では、初めて開催される大規模な「震災展」とのことです。

見に行った友人のことばです。
    ↓

「両美術館の学芸員の方々による仕事は、テレビ等では得られない生々しい5年前の記憶を甦らせてくれます。被災物は生活に役立つものとしての機能は失われても、自然・歴史・文化等がもつ意味を伝え続けています。無言であるからこその暮らしのことばに、耳を傾けていきたいと思います。

気仙沼に行きたかったけど遠隔地で行けなかった方、自然災害と人災について再考してみたい方、立ち止まってみたい方等々・・是非おすすめです。」


目黒区美術館 http://mmat.jp/

 

posted by 中川信子 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然のぶこん
この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15271698
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)