2015年12月16日

東田直樹・山登敬之往復書簡が単行本化されました 『社会の中に居場所をつくる』(ビッグイシュー日本)

作家であり自閉症でもある東田直樹さんと、精神科医の山登敬之さんが、ビッグイシュー日本版誌上で連載を続けていた往復書簡が待望の単行本化されました。

『社会の中に居場所をつくる』
発行元  ビッグイシュー日本
一般発売予定日  2016年1月15日
それ以前の購入  路上販売員からの購入
             ビッグイシュー日本からの通信販売

 

どんなにすばらしいことばに溢れているか、一部をご紹介したいところですが、そうなると結局最初から最後まで転載するようなことになってしまいそうです。

ビッグイシューの販売員は大きなターミナル駅を中心に路上販売しています。
売り上げの半分が販売員の収入になります。
ホームレス支援の意味からも、できるだけ販売員から購入していただきたいところですが、販売員に会うことが難しいですから、ビッグイシューからの通信販売、1月を待っての一般書店・ネット書店販売をご利用下さい。

でも、狛江駅頭にも、ビッグイシューの販売員、おられるんですよ!
狛江はマイナーな町なのに、大都会のターミナル駅なみになった気分で、ちょっとうれしい。

なお、12月20日に、お二人の出版記念の対談が新宿で開かれるそうです。
東田直樹オフィシャルブログ内記事をご覧下さい。

posted by 中川信子 at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め書籍案内
この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15254856
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)