2015年01月21日

子どもの気持ちシリーズ第2弾「ずっと言えなかったコト」 ノートが書けない 編

狛江で通級担任をしている森村美和子先生が、担当しているお子さんと一緒に作った動画「子どもの気持ち」シリーズの第2弾ができました。

今回のテーマは「ノートが書けない」編。
がんばっても、ノートが取れなくて苦しんでいるごーくんが、先生との会話で、前向きになってゆく姿がステキです。

学校には、予想以上に読み書きで苦戦しているお子さんが多いことに驚きます。

狛江市では小学校全校(6校)にi−padを40台ずつ配っています。
以前、ある小学校の公開授業の際、i−padを使った授業で、子どもたちが生き生きと発表する姿が印象的でした。

読み書きの苦手な子の全員が  i−padを使えばラクになる、っていわけではありませんが、でも、自分にあった学習の方法を見つけ出してくれるといいですね。

 

posted by 中川信子 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧めのぶこん
この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15160412
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)