2014年10月14日

『発達障害の原因と発症メカニズム  脳神経科学から見た予防・治療・療育の可能性』黒田洋一郎他 河出書房新社

発達障害の.bmp発達“障害”や、そうではないかと気がかりな子どもが増えている………というのは、子どもの現場にいる人に共通の実感ではないでしょうか?
そして「どうして、こんなにふえているのか?」という疑問もつきまといます。

 

 

 

 





『発達障害の原因と発症メカニズム
〜脳神経科学から見た予防・治療・療育の可能性』
   黒田洋一郎 木村・黒田純子   
   河出書房新社   2014年5月
   2300円+税

この本は「微細なシナプスから疫学まで、最新の脳をめぐる科学を集積し、再構築された脳の“共発達”の様相は、発達障害の常識を逆転させ、さらに予防や、脳に沿った正しい療育すら明示する」ものです。
帯には、杉山登志郎先生の「本書によって、新たな時代が始まる」ということばが書かれています。

脳神経科学をベースに、子どもの育ちに必要なことを、一般の読者にでも分かるように、実にわかりやすく書いてあります。
巻末の引用・参考文献の多さにも圧倒されます。
中から、興味深いものを読む楽しみもあります。

この秋、おすすめの一冊です。

posted by 中川信子 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め書籍案内
この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15124905
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)