2014年05月26日

音の環境が人間の行動に及ぼす影響<<<ジュリアン・トレジャー氏のプレゼン

学校や保育園・幼稚園への訪問や授業参観、保育参観などのおり、教室内がもっと静かで、音がクリアだといいのに、とつも思っています。

昨深夜(5月26日0時45分から)たまたまつけたNHKの教育テレビ「スーパープレゼンテーション」で、音環境のコンサルタント、ジュリアン・トレジャー氏のプレゼンを放送していました。

吸音材を使うことfで、教室内の残響が減り、雑音のレベルが圧倒的に下がるだけではなく、子どもたちの聞き取ることへの負担がへり、行動面での落ち着きが圧倒的に向上するとのお話でした。

Eテレ スーパープレゼンテーション(5月21日放送 26日再放送)
   「建築家は耳を使いなさい」

音環境コンサルタント  ジュリアン・トレジャー氏のプレゼンhttp://www.nhk.or.jp/superpresentation/backnumber/140521.html


データで示されているのがありがたいと思いました。
でも、NHKのHP内では、実際の音環境の変化のようすまではアップされていなくて残念。

こちらの動画には、実際の音のようすも入っています。
  http://ameblo.jp/omg1287/entry-11386513905.html


TEDサイト内のプレゼン
   http://digitalcast.jp/v/14151/
   http://www.visualecture.com/wordpress/?p=1471

 

今後新設される学校や園では、ぜひとも、音の環境を考えてもらえるとありがたいです。設計時に吸音材を加えるだけですむようですよ。
「音に過敏な一部の子」への<特別>支援教育のための手立てとして、ではなく、すべての子どもたち対象のユニバーサルな配慮として、予算立てしてもらえるといいですねぇ。

posted by 中川信子 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧めのぶこん
この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15072048
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)