2014年04月30日

飯田先生のようす(その後)<<<飯田医院はしばらく休診です

第4報    2014年7月31日

飯田医院は通常どおりの診療を再開されました。
担当のお医者さんも驚くほど早い回復だったそうです。

とはいえ、ご高齢ではありますので、皆さま、診療時間内にいらっしゃるようにお願いします。
午前(月・水・木・土)は9時から11時までの受け付けです。

処方箋は出していただけますので、ご近所の薬局でクスリを貰うか、または、できたらかかりつけ医に医療連携をお願いして、飯田先生のご負担を減らしていただけると幸いです。

 

第3報  2014年6月1日

飯田先生は、5月31日、とても元気に退院されました。
と言っても、まだ動くと苦しかったり、完全に通常運転に戻ったわけではないので、しばらくは自宅療養されるようすです。

89歳というご高齢で、ベッド上安静を1ヶ月も強いられると、歩行も、認知機能も大幅に低下する………というのが定説ですが、飯田先生には、そういう説は当てはまらなかったみたいです。

「もう一度、こんなにやる気になれるとは思いませんでしたよ!」と意気軒昂で、診療は少し減らしてでも、Q&Aの本の執筆も考えておられるようすでした。

診療を再開されたとしても、曜日や時間は大幅に制限するつもり、とのことですのでまた、この場を借りてお知らせしますね。

なお、診療再開に向けて、カルテ探しなどの雑用をお手伝いいただける方を本気で探しています。
週に1回2時間程度でもOK。「お問い合わせフォーム」でお知らせ下さい。

 

第2報  2014年5月15日

飯田先生のこと、ここで見てくださっている方があるらしいので、続報です。
飯田先生は、まだ入院中です。大きく言えば、肺炎です。
3年前に「危うくあの世に行きかけた」(先生談)肺炎の関連かもしれません。

入院前、主治医には「心配な状態」と言われましたが、今は、ベッド上で大変お元気で、お見舞いに行くと、興味深いお話があとからあとから出てきます。
入院前はことばをひと言ずつ区切って、ほんとに苦しそうでしたが、今はフツウの飯田先生に戻っています。
ただ、まだ、起き上がったり、動いたりすると、やっぱり息苦しさは残っているそうで、長めの入院になりそうです。

奥さまが、「退院したら、もう診察はさせません!」っておっしゃってましたが、飯田先生は横で笑いながら「言うことを聞くつもりはありませんよ」だそうです。

私も、「診察しなくなったら、飯田先生は、ただのおじいさんになっちゃうんじゃないでしょうか」と飯田先生の肩を持っておきました。

診療再開されたら、カルテを探す係りや、クスリを探す係りなど、助手を見つける必要があります。
近場の方で、できますよ、という方がありましたら、「お問い合わせフォーム」からお知らせ下さい。                      

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

第一報 4月30日   

自閉症の漢方治療をして下さっている調布市入間町の「飯田医院」の飯田誠先生は、4月で89歳になられました。

そのお歳で現役医師というのは、ほんとうにびっくりです。

が、3月ころから体調を崩しておられ、本日精査・加療のため入院されました。
したがってしばらくの間、医院は休診です。

診療再開されたら、またお知らせしますね。

posted by 中川信子 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然のぶこん
この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15060540
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)