2014年04月21日

第15回 日本言語聴覚学会(大宮)  6月28−29日 は東京都言語聴覚士会が担当します

2014年6月28日ー29日の二日間、大宮ソニックシティにおいて、第14回日本言語聴覚学会が開催されます。担当は東京都の士会です。

今年度の大テーマは「言語聴覚士とは何か あるべき姿を再考する」。

特別プログラムとして
特別講演 : 日本のSTの生みの親である耳鼻科医柴田貞雄先生による「ST界の発展への思い」
教育講演 :劇作家平田オリザさんによる「分かり合えないことから」、玉井邦夫先生による「障害を持って生きるー出生前診断をめぐる話題から」
など、興味深い企画が目白押しです。

シンポジウムもいくつか企画されています。私も声をかけていただき、小児領域について、してきたこと、考えていることについて、29日(日)に、お話しする予定です。

posted by 中川信子 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修会 講演 セミナー
この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15055914
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)