2013年09月06日

友あり 

 広島に行くついでに、新神戸に用事ができました(作りました)
久しぶりに、林やよいさんにお会いしておしゃべりしたいとの願いもかないました。
私の本の多くに挿絵、カットを描いて下さっている林さんとのおつきあいの始まりは、ぶどう社の「1,2,3歳ことばの遅い子」(1999)でした。
もう14年前なのね、と二人でびっくりし、感激しました。

ある程度の原稿ができた時点で、ぶどう社の編集の方が、 「この方のカットを考えているのですが・・・」と見せていただいたカットにひと目ぼれ。一も二もなく「お願いします!」と言ったのが始まりでしたっけ。

脳の電線と電球の絵といい、いろいろな速度で伸びる球根くんたちといい、「それ!そのとおり!」という挿絵が次々と生み出されるのは、不思議としか言いようのない経験でしたし、今もそうです。


最新刊の「生まれたときからことばを育てる暮らし方」(保健同人社)の時は常識ではありえないスケジュールだったのですが、二人だからがんばれました。

そうそう、「1,2,3歳ことばの遅い子」と言えば、今話題の水曜ドラマの「Woman」(満島ひかりさん主演)に映っていたそうですね。子ども家庭支援センター?のスタッフの方にの息子の「りくくん」のことばが遅いのではないか、相談してみては? と勧められる場面で、「バッチリ映ってましたよ、本の名前も、著者名も。」って保健師さんや、保護者の方や、友人やら、いろんな方に言われます。

心配をあおるような場面で小道具に使われるような本じゃない!!」 って、プンプン怒ってくれる人も数人いました。

私はそのn場面を見てないので、よく分かりませんが、ほんの短い場面だったらしいのに、こんなにいろんな人が見てるんだ、そして、私の本に注目してくれてるんだと、ちょっとうれしいような、恥ずかしいような気分。

ことばが遅くても、なるべく心配せずに、必要なことを淡々とやりながら、過ごしましょうね、というメッセージをこめたつもりの本ですが(もちろん、障害かもしれないときには早めに相談しましょう、そして、こういうふうに接しましょう、とは書いてありますが) 見方によっては、心配になる本でもあるのね、と、新しい発見でした。

posted by 中川信子 at 18:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 徒然のぶこん
この記事へのコメント
まさにこちらの本を、息子が通う保育園の先生にお渡ししました。
保育園から突然「2歳で言葉が遅いから自閉症では?」と宣告されとても混乱していましたが、よく園側と話し合い、関わり方の工夫をお互いにやっていきましょうと合意して最後に本をお渡ししました。
先生方から、子どもへの視点がガラリと変わる内容で大変勉強になったとお返事をいただきました。

発達に関しては「障害名」だけが社会的認知を得て、本質的なところを知る方は非常に少ないのではないでしょうか。
先生の本がもっと広く知られ、正しい知識と視点を持って子どもと関われる専門家が増える事を切に願います。

息子は保育園の関わりの変化があってから1ヶ月足らずで様子が変わり、言葉も笑顔もたくさん見られるようになりました。
また保育園がらからは謝罪の言葉がありました。
今は親として安心している一方で、発達障害について少しでも知る事が出来たことは貴重な経験だったと感じています。

今後とも先生の講演やご本を参考にさせていただきたく存じます。
Posted by 竹田 at 2013年09月18日 22:32
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14918928
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)