2013年08月18日

『3歳までの子育てに大切な たった5つのこと』(佐々木正美)

『3歳までの子育てに大切な  たった5つのこと』
   佐々木正美(児童精神科医)  講談社 
   2013年5月発行    1300円+税
       ISBN978-4-06-259680-0 

小さい子は、思いが通らないと泣きわめき、ほしいおもちゃを奪い取り独り占めし、親に甘えたかと思ったら振り払って離れて行き、「やりなさい」といえば「イヤ」と言い、してほしくないことはしっかりやる・・・。
そんな、わけの分からない、やっかいな存在です。
そういう存在と付き合い、子どもも親も成長し、度量の幅を広げてゆくのが「子育て」の醍醐味だと私は(ふりかえれば・・)思うのですが。

ひるがえって、今、子育てまっさいちゅうの親ごさんの、子どもとのかかわりを見て、危なっかしさを感じることがたびたびです。
自分の中の“あるべき”子ども像にあてはめて、子どもをコントロールしようとしているように見えて。

佐々木先生の新しいこの本は、そんな子どもの育ちの根幹に立ち戻り、子育てに大切なことをあらためてはっきりと教えています。

5つの大切なこととは
   1 遠くから見守る
   2 ほほえみを返す
   3 泣いたらあやす
   4 できるまで待つ
   5 いっしょに遊ぶ

ほんとにその通り。
たったこれだけ。
でも、「されど・・・」です。

 

佐々木先生からのメッセージ

親のあなたが望む、あなたの理想の育児をしていませんか?
幼い子が親の期待に応えることなんてありません。
子どもが望むように育ててあげる、それが育児の基本です。
望みにこたえつづけることで安心感が育つのです。

posted by 中川信子 at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め書籍案内
この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14902872
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)