2013年01月02日

年の始めに

年があらたまりました。
家族が欠けることなく、病人もなく、お正月を迎えられることは、奇跡のようにありがたいことだ、と毎年思います。

年末、世田谷に住む実家の母が少々体調不良になりました。
いくら元気とは言っても、92歳という年齢もあり、あわやと心配しましたが、無事回復し、「もう、今年はダメかと思った」というおせち料理も作ってくれて、例年通り2日に、家族で遊びに行ってきました。

母が「いただき物のカステラがあるから」、と年末から言っていたので、食後にコーヒーをいれて、さあ!と長方形のちょうどカステラの大きさの包みを開けると、なんと!おいしそうな大きな栗最中が入っていました。
みんなで「ぎゃ!」と一瞬うろたえて、でも、口々にいろんなことを言いました。

「包みの大きさは、まさにカステラそのものだよね」
「お店の人が間違えたんじゃないの?」
「下さった方の勘違いじゃあないの?」
「開けてみて、佃煮だったり、海苔の缶だったりすることを思えば、ずっとマシだよね」
「逆にさ、『栗最中です』って言われてもらって、緑茶をいれて、開けてみたらカステラだったとしたらどうだろうか?」などなど大笑いした挙句、結論的には「おいしい最中だ」「栗最中はコーヒーにだって合うよね」といいながら、ありがたくいただきました。

そんな、ありふれた日常生活も送りつつ・・・・

一方では、社会的に期待されることは大きくなり、自分としてやりたいこともふえ放題ではありますが(年々ADD傾向=多動系の傾向が強まっているみたいです)何もかもができるわけではありませんし・・・・。

年齢と、幕引きについて、いろいろ考えながらの新年でもあります。

元日に地元・伊豆美神社でいただいたおみくじのありがたい「おことば」を心にとめて、ほどほどに、でも、「わきめも振らず」「一心に」取り組みたいと思います   (^_-)-☆

おみくじの ありがたい おことば
運気盛んにして事をなすによいけれど、万事細やかに気をつけて、一度思い定めたことはわきめもふらず一心になさい。何事も成功します。
【願いごと】 遅いが思い通りになる
【学問】    努力すればよし
【争い】    心和(やわら)かにして吉
【縁談】    心かわらねば叶うでしょう 

世の中には、タナボタということはなくて、努力したり、心がけたりしないと実現しない・・との教訓なのでした。
やっぱりね。。。。。。。

posted by 中川信子 at 18:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然のぶこん
この記事へのコメント
いつもお世話になっております。あけましておめでとうございます。
昨年もお世話になりまして、狛江市での新しい動きの中でも大変お世話になり、本当に先生には感謝感謝です。今年も大変重要な年ですので、改めて気を引き締めていきたいと思います。
本年もよろしくお願い致します。
Posted by オオサワ at 2013年01月05日 22:32
今年もよろしくお願いいたします。
楽しそうな様子、ほのぼのと伝わり嬉しく思います。東京の学校の同期会に参加した時、現役でバリバリ働いている人が沢山いました。信子さんはじめ、学生時代の友達が……誇りです。体に気をつけてユックリユックリ発信お願いします。
Posted by 船場香代子 at 2013年01月08日 14:29
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14674788
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)