2010年10月26日

出ました!!「発達障害の子の感覚遊び・運動遊び」木村順  講談社

    木村順さんの本.jpg                  

 作業療法士の木村順さんの新しい本が出ました!!
最初の数ページを見ただけで、ワクワク、ドキドキしてきました。

苦手なことのある子どもたちをどうとらえ、おうちで、園で、学校で、今日から何をしたらいいか、合点!合点!できます。

苦手でできないから何回もやらせる、練習させる、という考え方は、百害あって一利なしだ、ということも、わかっていただけると思います。

たくさんの人に読まれますように。

  

 

posted by 中川信子 at 23:01| Comment(2) | お勧め書籍案内
この記事へのコメント
こんにちは。初めて書き込みさせて頂きます。

息子に感覚統合障害があるのですが、発音も気になるので、色々情報を探していて、こちらのHPに辿り着きました。

特に、言葉に関して遅れが気になったことはなく、言語検査しても年齢相応な結果が出るのですが、6歳になっても、サ行など、不明瞭な発音があります。

よく観察してみると、不明瞭な発音の時だけでなく、全般的に喋る時、舌を前に出していることに気付きました。

感覚統合のためのOTをしていた時、腕に原始反射が残っていると言われたのを思い出し、この舌の無意識な動きも原始反射ではないかと思い始めました。

このようなケースに対応している書籍・情報を探しているのですが、ご存知ありませんでしょうか。
Posted by もさ at 2010年12月22日 12:32


もさ  様

お返事が遅くなり、申し訳ありません。

お子さんのことですが、直接お会いして、検査や評価をしないと、何か言うのはとても難しいです。

もしすでに小学生で、「ことばの教室」が身近にあれば、ご相談されるといいと思います。「ことばの教室」は教育委員会の管轄です。
就学前であれば、言語聴覚士(ST)さんを探してみてはいかがでしょう。

@日本言語聴覚士協会HP(当サイトにリンクがあります)の、検索サイトから、小児を対象にする言語聴覚士がいる機関を調べることができます。
ANPO法人「全国ことばを育む会」が相談の窓口を持っています。

さらに、
B「独立行政法人国立特別支援教育総合研究所」サイト内の「ネットで学ぶ発音教室」がご参考になるかと思います。
http://forum.nise.go.jp/kotoba/htdocs/
Posted by 中川信子 at 2011年01月01日 17:50
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)