2010年09月26日

桐生「とおりゃんせ」と、虹色のサンキャッチャー

  桐生に親友がいます。40歳を過ぎてからできた親友の、金居孝子さんです。「とおりゃんせ」というお店をやっています。売り物の中心は、お人形とオルゴールとランプなのですが、彼女の店には、「売り物」とは別の「何か」があるみたいに思えます。 

  前橋にある社会福祉法人「すてっぷ」とも浅からぬ因縁のお店でもあります。

 あ、そうそう、10月3日まで開催の「≪閉じ忘れた扉≫矢部藤子人形展」  は、一見の価値、あります。

 金居さんと知り合ったのは、星野富弘さんと歌とが取り持つご縁でした。最初に電話をかけたとき、金居さんの第一声を聞いただけで、「友だちだ!」と直感しました。
不思議なことに、彼女の方も同じように感じてくれたのだそうです。

 その後も、彼女に電話しようと思っていると向こうから電話がかかってきたり、「どうしてるかな?」とふと思い出したのは、ちょうど彼女が体調を崩していた時だった、などなど、なんとも不思議な関係の二人です。 201009261004 サンキャッチャー写真

  9月、群馬県子育て支援センター連合会での講演依頼を受けたのを幸い、桐生に寄って「とおりゃんせ」に寄って、久しぶりに金居さんとおしゃべりしてきました。

  そして、帰りにサンキャッチャーをおみやげにもらいました。
ちょうどほしいと思っていたのと同じ、どころか、200パーセント以上のステキなものでした。

  直径11センチほどの円形の木の枠の中に、スワロフスキーのクリスタルが組み込まれていて、窓辺に下げると、お日さまの光をあびて、部屋の中の至るところに、虹色の粒々がくるくると踊ります。22年09月26日 サンキャッチャー 虹色
一日中見ていてもあきない・・・・と思いますが、幸か不幸か、私の部屋は東向きのため、やがて日が入らなくなるのでした。
  写真では、そのすばらしさの100分の一も伝えられませんが、載せてみました。

  光は、いろいろな波長が混合されると透明になるのだそうですが、  この、虹の色の粒を見ているとそれが実感されます。
    見えないけれど、確かに そこにあるもの・・・・
                     そういうもの、いっぱい、ありますね。

 

 

ついでに、上記「とおりゃんせ」の人形展(10月3日まで)のハガキを
スキャンして載せてみました。お近くの人はどうぞ。

矢部藤子人形展 30パーセント.JPG

 

 とおりゃんせ住所 50.JPG

 

 

 

 

 

     

posted by 中川信子 at 15:28| Comment(0) | 徒然のぶこん
この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)