2009年07月06日

『発達障害  境界に立つ若者たち』山下成司 平凡社新書

 『発達障害  境界に立つ若者たち』
       山下成司 平凡社新書  740円+税

 2009年6月15日発売の新書です。

「はじめに」から
  「障害とは親も本人も認めたくはない。でも学校の授業はちんぷんかんぷん・・・・。勉強が嫌いだから、怠けているからできないのだと、周囲からも言われ続けることで、本人は自信を失い、つらい思いをすることになります・・・・・(中略)  健常者と障害者のボーダーにいるような、いわゆる「はざまの子=境界児」と呼ばれる子どもたちです」

  著者は、こういう「はざまの子」を受け入れるA学院という小さな学校に、ひょんなことから美術の講師として採用され、生徒たちと18年間かかわり、教員にありがちな“上から目線”ではなく、生徒といっしょに考え悩みながら過ごしました。
  この本は、著者がかかわったA学院のことと、かかわった生徒たちがインタビューに答えて話してくれた今までのこと、から成り立っています。

 高校生、社会人になった「はざまの子どもたち」に接したことのない方には、ぜひとも読んでいただきたい本です。
  早い時期から、その子の特性に合わせた支援を受けて育つことがなぜ、大切なのか、また、たとえ、高校生年齢になってからでも、ちゃんと理解し受けとめてくれる人に出会えれば、そこからでもやり直しができることもある・・・・など、いろいろなことが学べると思います。

 

 

 

posted by 中川信子 at 00:54| Comment(0) | お勧め書籍案内
この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)