2008年10月12日

disorder ということ

                                20年10月12日記

私は「障害」ということばが好きではありません。「障碍」と言おうが、「障がい」と
言おうが、やっぱり好きではありません。特に、発達「障害」については、周囲が
「特性」「独特な個性」として広くとらえて手立てを講じればさえすれば、あまり問題なく
暮らしていけるような場合にも「障害、障害!」と、騒ぎ立てるきらいがあるように
思えます。

「障害」にあたる英語のひとつに「disorder」という単語があります。
order の意味には、命令とか順番とか秩序とか体制とか整理とか
いろいろありますが、中に「調子」とか「好調」とか「順調」とかいう意味あい
も含まれています。

接頭語のdis- は「欠如」「否定」「反対」の意味を表わします.

そこから考えると、disorder= order  が disされた状態 つまり
「調子がよくない」「順調でない」、「列からちょっとはみ出した」
といったイメージなのではないのでしょうか?

確かに、私の知ってるAくんもZちゃんも「列からはみだしがち」な、かわいい子
たちです!!!   運動会の時なんか、だから目立ちます。

だったら・・・・と私は思うわけです。
「列の方を、こんなに整然としなくてもいいことにすれば、目立たないんじゃ
ないの?」って。
こういうことを保育園や幼稚園や学校の先生方に言っても、あまり取り合って
もらえませんけどね。

東京学芸大学の上野一彦先生は「障害とは支援を必要とする個性である」と
いつもおっしゃっています。私も、ほんとにそうだなーと思います。
WHOが出した「ICF分類(国際生活機能分類)」を、世の中の人がみんな
知ってくれるといいのに、と思います。
そして、「支援」のレパートリーの中に、「自分たちのほうが、もう少しアバウト
になる」っていう項目も加えてくれたらいいな・・・とも。

                                 


 

posted by 中川信子 at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然のぶこん
この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13333306
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)