2021年08月02日

ガラス戸からの熱を遮断するシート

私は暑さが苦手です。

暑さそのものも苦手ですが、肌が汗でベトベトするのが耐えがたい!!

汗ベトベトが平気な人っているのかな?

スポーツ選手が汗びっしょりでも前向きなのは、どういう仕組みなのかしら?

亡くなった母がまだ元気だったころ、庭で草取りをしたり、雑巾がけをしたりして

汗をかくと「行水!行水!」ってたらいの水にヤカンで沸かしたお湯を足した

ぬるま湯を
浴びていたのを思い出します。

昔はシャワーなんていう便利なものはなかったから。

そうだったのか、母も汗がイヤだったんだ!と妙に納得します。

 

さて、現代のわが家はありがたいことに南向き。

冬場は陽射しがサンサンと入ります。

でも、夏場は、陽がカンカンにあたったガラス戸が熱くなります。

やむを得ず、昼間は雨戸(シャッター)を閉めて、暑さから防衛します。

 

ところが。

 

たまたま見ていたTVショッピングで、窓や網戸に外付けする遮熱・遮光シートを宣伝

していました。

TVショッピングで「今すぐお電話を!」と言われても、その手にはのらないゾ、と

構えている私ですが、今回ばかりは興味深々。

ネット上でクチコミ情報をつぶさに見て、価格比較もして、ご購入。

そしたら、これが驚くほどのスグレモノ(「個人の感想です」)。

かんかん照りでもガラスはほとんど熱くならず、ひんやりを保っています。

いや、「ひんやり」とまでは言えませんが。

 

西日や暑さに困っている方は、試してみる価値があるだろうと思い、お知らせしました。

シーズンが終わったら、ペリっと剥がして片付けられるのもラクでよろしい。

それと、昼間なら外から全く見えなくなる、という宣伝も本当でした。

とはいえ、私も、毎日暑い暑いとシャワーを浴び、若かりし母を思い出しています。

私が買ったのは「遮熱クールアップ(セキスイ)」
          100p×200p×2枚入り


 

posted by 中川信子 at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然のぶこん