2017年07月26日

手前ミソですが、いい本です・・・「子どものこころとことばの育ち」(大月書店)

 先日、ある講演先に「子どものこころとことばの育ち」という演題をお伝えしました。
すると、担当者から「こころの方が先に来るんですね。ことばよりも」とお返事がきました。
「そうなんです、こころの育ちが一番大事なので・・・」とお返事しつつ、ああ、そうだった、このテーマは大月書店から出した本の題だった、と思い出しました。

「子どものこころとことばの育ち」
(大月書店 子育てと健康シリーズ20  2003年10月)

7月に増刷(11刷)のお知らせをいただきました。地味な本の割には健闘してくれています。
増刷に伴い、一冊献本が送られてきました。

高齢化に伴い、文字を読むのがおっくうになっているナカガワですが、パラパラと中味を読んで、「あら〜、いいこと書いてある〜〜!!」と感激しました。
当然ですよね、自分で書いたんですから。
自分が言いたいことが書いてあるんですから(笑
字も大きくて読みやすいです。
さしえは、もちろん林やよいさん(伊丹)にお願いしました。

ちょうど同じ時期
2001年「語りかけ育児」(サリー・ウォード 小学館)の翻訳協力
2003年「はじめて出会う育児の百科」   (小学館)の 監修
をしています。

いずれの本も、「育てる」「教える」ではなく、「育ちを(正しく)見守ろう!」というメッセージが揺らがずに伝えられていると思います。

今、振り返ると、それまでは、障害や遅れのある子どもたちに、STという専門職として何をできるのか、を一生懸命考え、伝えようとしていたのですが、上記の3冊を出したあたりで、「あ、そうか。子どもの育ちは障害があってもなくても共通なんだ!」ということを、再確認できたのだと思います。肩の力が抜けているのを感じます。

療育の大先輩である北九州の故・高松鶴吉先生の「療育とは注意深く配慮された子育てである」ということばに「そうだ、そうだ」とうなずいてはいたものの、どこかで、センモンカ意識が強かったのだな、と思います。

ほんと、私たちSTは、いささかの専門性を持ち合わせてはいますが、その専門性を用いて「子育てを手伝う」というスタンスを忘れてはならない、と思います。

余裕があったら、どうぞ、読んでみて下さい。
子育て中の方たちには、特に お役に立つと思います。

posted by 中川信子 at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然のぶこん

2017年07月17日

アルトサックスの川崎駅前ライブ(A-sax-yoneさん)の音に魅せられる

昨夜(2017年7月15日)夜9時前に羽田空港に着きました。
福岡県小郡市にある「こぐま福祉会」のお招きで、講演とシンポジウムに参加した帰りです。

いい勉強をさせてもらい、充実の一日でしたが、暑いし、一日外にいたので、かなり疲労していて、早くお家に帰りたい・・・と、京急川崎駅からJR川崎に向かって地下からエスカレーターに乗ったら、音楽が耳に飛び込んで来ました。

川崎駅のエスカレーターの所には、1時間ごとに子どもの人形の楽隊が出て来て演奏する時計があるので、それかな?と思ったのですが、まだ10時前だから楽隊は出て来ていない。
それに、曲は井上陽水の「少年時代」。
素晴らしい音色で、なぜか泣きたいような気持ちに。

地上に出てみたら、路上演奏をしているオジサンがいました。楽器はアルトサックス。
演奏者はナゾですが、A-sax Yone  という表示?がありました。

むせび泣くような・・・と形容されることもある楽器だそうですが、ほんとに、人の声みたいな。
というか、演奏しているYoneさんが アルトサックスを通して「歌っている」ようでした。

しばし、その場にとどまって(暑かったけど)7−8曲聞きほれました。
ほんとは、もっともっと聞いていたかった。

タダで聞くには申し訳ないすばらしい演奏だったので、敬意を表してお金もいれました。
足をとめ、何曲か聞き、お金を入れて行く人もおおぜいいました。

Yoneさんの身元はよくわかりませんが、帰宅してからネットで調べたら、週末になると川崎駅で路上ライブをしておられるようです。

久しぶりに、いい音楽を聞きました。
というか、音楽の中に巻き込まれる体験ができました。
また聞きたい!

YoneさんのライブがYouTubeにあがってました。
ほんものは、もっともっとステキでしたが、聞いてみたい方はこちらでどうぞ。
https://www.youtube.com/watch?v=1gH1UAW_fqs

 

いやぁ、音楽っていいですねぇ!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  追加の情報
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

見つけました!

川崎駅前で週末(不定期)にアルトサックスのライブ演奏をしているA-sax  Yoneさんのツイッター。その日の演奏予定がわかりますよ。
https://twitter.com/AsaxYone55

 

演奏に出会った経緯は 2017年7月17日付の 「のぶろぐ」を見て下さい。
http://www.soratomo.jp/article/15731786.html

 

posted by 中川信子 at 00:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然のぶこん

2017年07月13日

フィギャーノート(絵音符)講習会   7月31日  於 狛江

ーーーーー「できた!できた!」「わかりやすい!」「ほかの曲もやってみる!」

これまでいつも授業でつまずいていた子どもたちが、フィギャーノート楽譜を選んでうれしそうに演奏しているようすに、心の片隅で「できない人がいてもしょうがない」と考えていたことを反省しました。ーーーーーー


フィギャーノートは楽譜が読めない人のために開発された楽譜です。
日本の学校教育では、狛江市がいちはやく導入し、高い教育成果をあげています。

フィギャーノートを広めるために立ち上げられた「HappyMuseフィギャーノート研究会」が、今、さかんに活動を広げています。
   http://happymuse.net/
私も応援団の一人として「推薦のことば」を寄せています。
   http://happymuse.net/happymuse/supporter/

 

7月31日、狛江でフィギャーノート講習会が開かれます。
音楽の好きな方、子どもに音楽を好きになってほしいと願う方、ふるってご参加下さい。

以前、市役所でフィギャーノートを使ったトーンチャイム演奏会がありました。
高橋都彦市長さんと並んで(!)、ナカガワも演奏したんですよ。
えのき学級の子どもさんたちが、どういう風に演奏するかを親切に教えてくれたので、楽しく演奏できました(汗

posted by 中川信子 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修会 講演 セミナー