2011年02月26日

「『地域で育つ』を支えるために」 2月28日(月) 2時〜 狛江市あいとぴあセンター

狛江市で、「障がいのある方の地域生活を支えるために」をテーマに連続講演会が予定されています。

第一回目のテーマは
    「地域で育つ・を支えるために」

日時  平成23年2月28日(金) 午後2時ー4時

場所  あいとぴあセンター4階講座室

講師  中川信子さん(言語聴覚士)
             (サポート狛江 代表)

定員  50名

 

第2回目のテーマは

   「知的障がいのある方の地域生活支援について
        〜親亡き後、地域でその人らしく生きる」

 3月9日(水)午後7時ー9時 に予定されています。
    講師  住舎泰子さん
           川崎市障害者生活支援センター こぶし
         赤塚光子さん
            狛江市自立支援協議会会長

 詳細は「サポート狛江」HPをご覧下さい。

posted by 中川信子 at 22:25| 狛江の便り

2011年02月26日

3月6日(日) 東京都言語聴覚士会 ワークショップのお知らせ

 東京都言語聴覚士会からのご案内を転載します。
私たち言語聴覚士の仕事ははばが広く、多くの人の目にふれることがないのですが、広くいろいろな方に知っていただければと願います。(中川)

==========以下 転載===========

東京都言語聴覚士会第2回ワークショップ
「切れ目のない支援のために:今していること・すべきこと・してほしいこと」

日時  平成23年3月6日(日) 10時ー17時
場所  臨床福祉専門学校(江東区)
詳細は http://st-toshikai.org/event_001.html#event002_20110111_002

 東京都言語聴覚士会では上記テーマで、ワークショップを行います。

会員のみでなく、非会員にも広く開かれたワークショップです。
他の地域の方でもご興味のある方は是非お出で下さい。

午前中には、成人の各時期、小児のシンポジストが現状と問題提起を行います。

小児については、東京都教育相談センターアドバイザリー専門家スタッフの菅野由利子先生にご発表いただきます。
菅野先生は、教育や保育現場での豊富なご経験をもとに小児の領域で言語聴覚士に何が求められているのか、どの様なことが現在行われているのか、今 後目指すべきことは何か、私たちはどうあるべきなのか、といった問題提起してくださる予定です。

その後、ワークショップを経て、午後には特別講演として、
横張琴子先生の[生命の灯ふたたび 〜一生続く障害への見限らない支援」があります。
盛りだくさんの中身の濃い内容です。

お申し込みは、st-toshikai@mail.goo.ne.jp まで

ご参加をお待ちしております。

posted by 中川信子 at 22:18| 研修会 講演 セミナー