2010年11月08日

聖路加国際病院と日野原重明先生

  今日(11月8日)は、中央区の保健師さんの依頼で、「ことばが伸びるじょうずな子育て」という題の講演に行きました。場所は築地です。
  講演終了後、仲介役だったSTのSさんが聖路加国際病院の中を案内してくれたので、聞きにきてくれたSTさんたちと一緒に見学しました。
 重厚なチャペルはステンドグラスも石造りの柱もすばらしく、しばし、タイムスリップしたような気分でした。
  新館のチャペルも見に行くと、たまたまミニコンサートが開かれていました。すばらしく美しいテナーと、うっとりするような和音のバランスで見事に歌うピアノの伴奏(伴奏ではなく演奏と言いたいほどでしたが)に酔いしれました。音楽はいいなぁ。ピアノの上を片付けて、また、弾いたり歌ったりしたいものです・・・。
  ホールの最前列に日野原重明先生が座っておられて、コンサート終了後、ユーモアあふれる挨拶をされました。テレビで拝見するのと同じ、お元気、お元気の99歳でした。

  そのあと、有名な「築地 寿司岩」の本店でランチをいただきました。
お店は有名ですが、お値段はリーズナブルでしたよ (^_^)
ST4人で、いろいろ語り合いました。  
成人部門のSTたちで、地域生活支援のために、奮闘している人たちの働きぶりに感心し、子どもの部門も、何とかしなくちゃならないなぁ、と思いました。

しばし、観光気分の一日でした。

posted by 中川信子 at 22:29| 徒然のぶこん