2009年02月04日

子ども虐待と医療をテーマに(関東子ども精神保健学会)

小児科(小児神経)の松田博雄先生からご案内いただきました。

子ども虐待というテーマを、現場と、受け手の医療側と、両者を
つなぐMSW(医療ソーシャルワーカー)という顔ぶれの方たちが
話してくださる、ちょっと興味深い企画です。

“ちょっと気になる子”、発達障害の可能性のある子どもたちと
接する人たちにとっては、虐待は“すぐそこにある危機”です。
知る努力をしないと。

 


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    第6回 関東子ども精神保健学会

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

日時 平成21年 3月 8日 日曜日

場所 杏林大学 大学院講堂
         三鷹市新川6-20-2
会費 4000円

      
特別講演(10時〜11時)
===========
   「死を通して生を考える教育の重要性と今後の課題」
      元日本女子大学家政学部児童学科教授・小児科医
                 中村博志

会長講演(11時〜11;30)
===========
子ども虐待と医療の役割
        淑徳大学教授  松田博雄

シンポジウム  (13;20〜16;30)
==============
子ども虐待
    〜子どもと親を、どのように医療につなげるか〜

1.子ども家庭支援センターの立場から 
     三鷹市ハピネスセンターくるみ幼児園園長 佐伯裕子
2.保健師の立場から         
     国立保健科学院公衆衛生看護部主任研究官 中板育美
3.小児科クリニックの立場から    
     あきやま子どもクリニック院長 秋山千絵子
4.病院MSWの立場から
     杏林大学病院医療福祉相談室 加藤雅江
5.精神科専門医療機関の立場から            
     梅ヶ丘病院精神科 菊地祐子

 

posted by 中川信子 at 00:56| 研修会 講演 セミナー